レーザー式の脱毛方法

レーザー式

モデル

レーザー式脱毛は、黒色にだけ吸収される機器のレーザーの光を肌の表面に当てます。毛根の部分の黒い部分の色素がその光を吸収することで、その部分は熱エネルギーに変換され熱を発します。その熱が、毛根の周りにある毛を発生させる根源の毛乳頭や細胞を破壊し、脱毛処理をします。レーザー式脱毛は、一度の照射で広範囲の処理をすることが可能です。

 

ニードル式脱毛のような肌の痛みは少ないので、麻酔も不必要な場合も多く、短時間で施術を受けることができます。ですが、火傷やシミになってしまうこともあり、肌を奇麗にするために行った施術が肌荒れを起こしてしまう場合もあります。高出力のレーザーで行う施術は医療行為になるので、専門の資格を持った医師のみが使用し、施術を行うことが出来ます。よって、レーザー式脱毛は基本的にクリニックなどの医療機関で受けることが出来ます。エステサロンで受けることが出来るレーザー式脱毛は、電力の出力をとても弱くした施術になります。

 

よって、医療機関に比べて料金が安いエステサロンですが、脱毛が完了するのには、エステサロンへ通う回数が多くなってしまうこともあります。
ですが、レーザー式脱毛は濃い毛から産毛まで処理することができ、短時間で広範囲の脱毛処理、高出力のレーザー式脱毛を受けた場合、回数も少なく済み、万が一肌にトラブルが起きたとしても、医師による治療を受けることが出来るので、他の施術方法の中でもレーザー式脱毛を選ぶ人が多いです。